• ホーム
  • 慢性的な疲労はAGAを進行させる

慢性的な疲労はAGAを進行させる

薬を飲む男性

AGAは慢性的な疲労によって進行しやすくなるので、疲れはこまめに解消していきましょう。
男性ホルモンが過剰分泌されることでAGAは進行しますが、それ以外にも生活習慣が関わってきます。
ストレスも薄毛を促進させますが、最初に改善させたいのは疲労なのです。
疲労からストレスが生まれることが多いので、まずはストレスの発生源となる疲労から解消していきましょう。
サロンで頭皮診断を受けた場合も、頭皮の疲労を指摘されることがあります。
抜け毛が増えてきたら、頭皮に何らかの問題があると考えていいでしょう。
そのまま放置しておくと、抜け毛は加速度的に増えていきます。
抜け毛が多いと感じたら、頭皮マッサージを毎日行うようにしましょう。
頭皮が硬くなっている場合は、まず間違いなく血行不良を起こしています。
頭皮全体の血行不良は栄養不足の原因となり、髪を細くさせるのです。
AGAの治療では男性ホルモンの抑制が一番大切ですが、頭皮環境の改善も必須となります。
慢性的な疲労を解消するには、夜ふかしは絶対に避けるようにしましょう。
夜ふかしのデメリットは絶大であり、肌の新陳代謝を悪くしてしまうのです。
毛母細胞が活発に活動できなくなり、それによって髪が痩せ細っていきます。
髪が細くなった場合は栄養不足が原因であるケースが多いので、タンパク質と亜鉛、ビタミンB群を摂取していきましょう。
これらの栄養素は慢性的な疲労を軽減するためにも役立つので、サプリメントで補っていくのもいいでしょう。
サプリで疲労を予防させるには、ベーシックサプリから摂取することが大切です。
精力剤もAGAを予防するために役立ちますが、合わせてベーシックサプリを飲んでおくべきです。